5分後の女

2018.05.31

 むかし、フジテレビのオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語」で「5分後の女」というのがあった。なんだかたまにふと思い出すドラマのひとつで、気になって調べたら放映は1998年。世にも奇妙な物語は初期からこの頃くらいまでがギリギリ面白くて、2000年代に入るとホラー要素や奇妙な感じがだんだん少なくなっていった印象です。

 この「5分後の女」は、主人公(安田成美)が生まれた時から”5分後の女”で、つまり彼女がなにか行動しようとすることは、いつも5分前に他の誰かが既にやり終えており、彼女はいつも後追い、二番煎じの存在でしかない。しかもその誰かとは、彼女に瓜二つの女性らしい。
 彼女には画家の恋人(升毅)がいるが、それもその5分前の女と”共有”していて、恋人は二人を同一人物だと思っているのか「情熱的な君がこの部屋を去ったあと、次におとなしい君がなにも知らないような顔をして再び現れる。不思議だ」という。彼女はこの恋人だけはどうしても譲れないと、5分前の女を待ち伏せして……というストーリー。
 結末もシンプルで、ミステリーとして見るといろいろ粗はあるかもしれないけど、アイディア、演出ともにお気に入りの一遍でした。安田成美のヘアメイクや衣装も良くて、ある日ショーウィンドウで見かけた真っ赤なコートに一目惚れをして買いにいくと、すでに件の女が買ってしまっていて、しかたなく色違いの真っ白なコートを買うのだが、内気な主人公には結局それが似合ってしまうというエピソードも良かった。
 今でもときどきネット上に動画が上がることがあるようです。

 なんでこの話を急に思い出したのかというと、youtubeで劇中使われていた曲を偶然見つけたから。(もとは93年の映画、秘密の花園(The Secret Garden)のサントラの1曲だそうで、この映画は見たことがないのだけど)
 20年たっても記憶に残っているということは、ナイス選曲なのだと思います。